フラワーホーム

present

お電話でのお問い合わせ

049-253-1515〈水曜、第1・第3火曜定休日〉
Flower Blog
スタッフブログ フラワーブログ
スタッフブログ
staffblog

スタッフブログ

住宅は100・200年も保つのか?

みなさん、こんにちは。

 

 

本日のブログは、『 住宅は100・200年も保つのか? 』

 

についてです。

 

 

日本の住宅の寿命は20〜30年などと

 

よく言われますが、

 

街中を見回すと40〜50年は経つ

 

住宅がたくさんあります。

 

 

 

住宅は、保つか保たないかではなく、

 

永く保たせたいと思うかどうかの

 

問題ではないかなと思います。

 

 

本来、木は丈夫です。

 

 

法隆寺などは、1300年以上経っていますが

 

その強度は、未だに落ちていないと言われています。

 

 

 

木は湿気を含むと「腐朽菌」という

 

微生物や白アリが発生して

 

木を腐らせると言われます。

 

 

腐らせないための含水率の目安は

 

20%以下です。

 

 

そのためには何より防水・防湿対策、

 

さらには通気対策が重要です。

 

 

 

住宅は、構造上、地震や風に対する

 

十分な強度を持ち、

 

木の大敵である湿気対策がキチンとなされ

 

さらに、メンテナンスが行われていれば、

 

住宅は100・200年でも保つ事ができます。

 

 

 

当社では、以下の施工およびシステムで

 

住宅の耐久性を高めています。

 

 

耐震等級3・耐風等級2・含水率19%以下の輸入ツーバイ材

 

ベタ基礎、基礎パッキン・防腐防蟻施工・外壁通気工法

 

軒下換気、屋根裏換気、棟換気・集中ダクト24時間換気

 

ベーパーバリア施工・第三者インスペクターによる施工監理

 

などなど。

 

 

マイホーム、思い出と一緒に永く保って欲しいですよね。

 

 

Category

カテゴリー

Recently

最新記事

Archive

アーカイブ

PAGE TOP

PAGE TOP