フラワーホーム

present

お電話でのお問い合わせ

049-253-1515〈水曜、第1・第3火曜定休日〉
Flower Blog
スタッフブログ フラワーブログ
スタッフブログ
staffblog

スタッフブログ

フラワーホームの断熱材

みなさん、こんにちは。

 

 

本日のブログは、

 

フラワーホームの『 断熱材 』についてです。

 

 

 

断熱材の性能についてご説明いたします。

 

 

 

まずは、断熱材のうんちくを…

 

断熱材の種類に関しては、断熱材を構造体の外側から張る「外張り断熱」と

断熱材を構造体である外壁の隙間を利用して充填する「充填断熱」があります。

「充填断熱」においては、グラスウール断熱材や吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材が

主流となっているようです。

 

建築業界では以前から、どちらの断熱性能が高いか、といった議論があるようですが、

断熱性能は断熱材そのものの熱伝導率(熱の伝えにくさを示す数値/数値が小さいほど良い)

だけでなく、断熱材の厚さとの相関関係によって決まるため、断熱材の種類だけでなく

その厚さも重要になってきます。

 

 

 

そしてここからが本題です。

 

 

フラワーホームでは、2×4住宅の場合、

 

高性能グラスウール16K(熱伝導率0.038w/mk)を採用して、

 

壁には90mm、天井には200mmを充填しています。

 

 

こちらが、高性能グラスウールです。

 

 

注文建築で、高性能グラスウールとともによく使われる

 

建築用吹付け硬質ウレタンフォーム(0.034w/mk)に比べて、

 

費用相対効果が高い(要は安い)ためです。

 

 

また、グラスウールは火災に強いだけでなく

 

天井の上に充填する「天井断熱」であるため、

 

屋根の裏に直に吹付ける「屋根断熱」に比べ

 

屋根裏の空気層に、より一層の断熱効果が期待できます。

 

 

さらに、通気においても軒裏換気だけでなく

 

棟換気が取りやすいことも理由にあげられます。

 

 

 

ちなみに、断熱性能に関していえば、両者の比較で次のような違いがあります。

 

壁断熱の熱抵抗値(㎡k/w)…数値が大きいほど断熱性能が高い

・吹付け硬質ウレタンフォーム70mm … 2.0

・高性能グラスウール16k/90mm  ……… 2.4

・吹付け硬質ウレタンフォーム90mm … 2.6

 

天井・屋根断熱の熱抵抗値(㎡k/w)…数値が大きいほど断熱性能が高い

・吹付け硬質ウレタンフォーム100mm … 2.9

・高性能グラスウール16k/200mm  ……… 5.3

・吹付け硬質ウレタンフォーム160mm … 4.6

 

 

Category

カテゴリー

Recently

最新記事

Archive

アーカイブ

PAGE TOP

PAGE TOP